飲食

2011年4月25日 (月)

やきにくSO-TON (ソートン) (神田)

毎度テポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださりまことにありがとうございます。

先週末の晩にリニューアルオープンしたばかりのやきにく店、神田の「やきにくSO-TON」さんへ行ってきました。

テポカルでは今回のリニューアル工事のうち、各テーブルからの排気ダクト工事をさせていただきました。

雰囲気の演出ということで、ダクトは露出にしたいとのオーナーからのご要望でした。

そしていよいよ、肉たちを焼いて本番の性能テスト。

結果はとてもスムースに、やきにくの煙を漏らさずに吸ってくれて合格でした!(※)

Dvc00001 黒で包まれた落ち着いた雰囲気の店内

Dvc00002 店内はけっこう広め

料理はというと、まず驚いたのが分厚い牛タン。

タン元の歯ごたえのある部分とやわらかな部分のウマミが、その厚みのおかげで肉に閉じ込められて、とってもジューシー。

その他にも、塩だれのユッケ刺しや新鮮な湯引きしたあまみのあるレバ刺し。

とくに個人的に気に入ったのは塩焼きのリードボー。

見た感じは新鮮な生の白子に似た感じ。焼いて塩味で食べてみると、クセのない上品な白子?あん肝?といった感じでしょうか。

さっぱりとしたマッコリと一緒に、飲み食いに夢中になってしまい、写真をとることをすっかり忘れてしまいました(笑)。

黒色基調の落ち着いた店内ですが、メニューはとてもリーズナブルで、わいわいと気を使わずに楽しめるお店です。

駅前の雑踏を少しだけ抜けた、神田駅東口から歩いてわずか2、3分のところにあります。隠れ家的なこのお店、知っているとちょっと自慢できるかも!?

やきにくSO-TON

千代田区神田紺屋町44

Tel  03-5256-2787

ランチ 11:00~14:00   夜 17:00~23:00   土・日・祝は定休日    

※ テポカルでは、工事施工完了後に風量測定や調整などを行い、機能が満足できることを確認した上でお引き渡しをしております。

2010年10月20日 (水)

亀井鮨

いつもテポカル(TEPOCHAL)をごい愛顧くださり

まことにありがとうございます!

巣鴨駅から徒歩2分、とげぬき地蔵へ行く目抜き通りをちょっと入ったところに、歴史を感じさせるすし屋があります。

幼少のころの私の記憶にもあります。

個人的には、一番のおススメは特上鉄火丼。

運がいいと、絶品の裏メニューに出会えるかも。

Photo_2

2010年6月11日 (金)

生き物をかうたのしみ

この頃はいよいよ梅雨到来かといった、ムシムシする日が続いています。

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

つい先日、現場の打合せの帰りにたまたま通りかかった酒屋さんで発見しました。

Dvc00002

ただのにごり酒ではありません。

本物の「どぶろく」です。

いつ口を開けようか、想像して楽しんでいます・・・

私にはウチで飼っているネコとおなじ、生き物をかうって良いですね!?

2009年11月22日 (日)

自家製パン 自家製ジャム

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

夜明け前に布団の中で目を覚ますと、階下から何やらきき慣れない音が・・・

しばらくして台所に行くと・・・

Dvc00010

我が家初、自家製第一号の焼き立てパンが聳え立っているではありませんか。

・・・昨日、パン焼き器を買ってきたのだそう。

Dvc00009

むすめ作、庭採れの無農薬ジューンベリージャムをのせて美味しく頂きました。

ごちそうさまでした~!

2009年11月15日 (日)

巣鴨のおでん ”豆”

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

昨夜は独りでおでんを食べに巣鴨へ行きました。

Dvc00003

Dvc00002

だしは東京では珍しく、少しの濁りもないシャープで上品な味でとっても私好み。以前、知人の差し入れのおでんを頂いてファンになり、こちらのお店を知りました。

その中でもおススメは「春菊」。季節のメニューなのでこの時期しか食べられません。

カウンターだけの小さめのお店ですが、マスターのギャグセンスやとてもかわいくて人当たりの良い看板娘との相乗効果で、私のお気に入りの店のひとつにさせてもらいます~。

2009年10月13日 (火)

酒呑みにも・・・

「猫にまたたび」とはよく言いますが、人にも結構合うんですね。

いつもテポカル(tepochal)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

JR山手線大塚駅はホームが高架になっていて、線路を挟んで南口・北口に分かれています。現状では高架下を南北に真直ぐ通り抜けることができなかったのですが、数日前、高架下を南北に真直ぐに行き来できるコンコースがほぼ完成し、工事のバリケードが取れて広々とした空間が現れました。

地元住民の一人として「南北直行開通記念!」プレ祝賀会をしに駅界隈の居酒屋さんを訪ねてきました(前置き長くてスミマセン)。

こちらのお店は開店から約60年にもなる小料理屋。

なかでも極めつけは手作りの果実酒たち。

Dvc00002_2 爽やかな風味のまたたびの塩漬け

なかなか他ではお目にかかれないウン十年ものの果実酒たちが、カウンターの片隅で次の出番を待っているようでした。

私たちテポカルも、皆様に末長く必要とされる会社でありたいとしみじみ想いました。

2009年10月 1日 (木)

日本に生まれたしあわせ

いつもテポカル(tepodhal)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

                            

昨晩は地酒で知る人ぞ知る、ご近所の料理屋さんに行ってきました。

Dvc00003_5 Dvc00008_5 Dvc00002_5

本物の地酒が勢揃い~

Dvc00004_6 独創的なおでんや自家製鴨のハム、

そしておいしい水~

こちらの特筆すべきは、日本酒のチェイサーとして

蔵元の仕込み水を一升瓶で供してくれるところです!

店主の考え方(もちろん、美味しい酒や肴も)に触れ、

テポカルの考える「おもてなし」は正しいと再認識できた一夜でした。