現場・仕事

2015年9月28日 (月)

新築木造事務所

毎度テポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださいましてまことにありがとうございます。

今回はもうすぐ竣工引き渡しをむかえる現場を少しだけご紹介します。

こちらは木造2階建てにしてはちょっと大きめ(建築面積180㎡超)で、設備的にも天井隠ぺいタイプのエアコンによる個別空調や、同タイプの空調換気扇による省エネ換気を行っています。

Jra1_2   Jra4_2


このような方式でのメリットとしては、天井内設置の自由度が増し、天井面もスッキリとか、重厚感を出したいなどデザイン的にも幅が広がります。デメリットは少々施工費用がお高くなりますが、こだわりの店舗や飲食店様にはおススメです。

また、デザイナー(設計事務所)さんや他業種の工事業者さんとも、綿密な打ち合わせが必要になってきます。

テポカルでは、デザインのみならず設備にとって一番重要なこと、機能を損なうことなくお客様(お施主様)にとっての最善のご提案ができるよう、設計段階からも対応してまいります。

2015年9月14日 (月)

システム厨房

毎度TEPOCHAL(テポカル)をご愛顧くださりありがとうございます。

先日竣工した現場をご紹介いたします。

こちらは厨房の改修工事現場でした。数百名分の料理を一度に作れるほどのかなりの大型厨房です。

スケルトンの状態からの施工でした。

厨房専用の外調機(供給する外気をそのまま厨房へ供給するのではなく、空調コントロールしてから供給する)や排気ファンを、使用する調理機器の熱負荷や厨房内の環境温度を検知して、適切な吹き出し風量・温度等を決め、インバータなどで制御することにより、快適さだけでなく省エネ効果も絶大なシステムとなっています。

Rph1 Rph2


個人のオーナー様の厨房ではここまでのシステムは採用されないと思いますが、私たちテポカルは、お客様のお店創りの際にはこうしたノウハウを全力で注いでまいります。

お困りのことやリニューアルなど、何でもテポカルにご相談ください。

2015年9月12日 (土)

木造3階建て

毎度TEPOCHAL(テポカル)をご愛顧くださりありがとうございます。

先日は展示場にて、某有名ハウスメーカー様のモデルハウスを施工させていただきました。

こちらの建物は木造3階建てで、過度に空調(エアコン)に頼らない、自然の熱を利用したエコで身体にやさしい空調・換気方式を採用しています。

そのため、一般の戸建てではめずらしく、防炎防火ダンパ(SFD)の設置が法的に必要でした。

1  2
きびしい納まり、メンテスペースを確保するため特殊形状を採用

設計段階から加わらせていただき、また、現場でも何度も打ち合わせを重ねて、きびしい納まりや法的な施工対応をクリアしました。

木造(特に大型)の空調や換気でお困りのことがございましたら、ぜひTEPOCHALにご相談ください。

2012年12月15日 (土)

丸の内にて

毎度テポカルをご愛顧くださいましてありがとうございます。

もうすぐクリスマスがやってきますね。

こんな遅い時間ですが、ここ丸の内の目抜通りはそんな雰囲気で溢れています。
undefined

えっ、
もちろん私は仕事ですが。

2012年12月 7日 (金)

札幌にて

半年も間更新せずにすみませんです。
毎度TEPOCHAL(テポカル)をご愛顧くださいましてありがとうございます。

undefined
昨日は現場の打合せと調査で、雪の街札幌に来ています。
今年は寒波が強く、北海道の方々は大変な苦労をなさっていますが、めげずに頑張って欲しいです。
これから飛行機で東京へ帰ります。

undefined
こちらの地下鉄は、網棚が無いんですね

2011年4月19日 (火)

がんばろう東北

今日は風も強く、冷たい雨が時折降ってとても寒く感じた1日でした。

毎度テポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださりまことにありがとうございます。

昨日届いた制気口(よく天井や壁についている、風が出たり吸ったりしているアレです)にこのようなシールが貼ってありました。

Dvc00001

こちらはメーカーさんは宮城県のメーカーさんです。

不幸中の幸いというにはちょっと軽率かもしれませんが、津波の被害が無かったことは救われます。

私たちの身の周りでも、何かできることがたくさんあるような気がします。

2010年7月22日 (木)

quiche quiche (キシュキシュ)

東京は梅雨も明け、いきなり夏真っ盛りの猛暑日が続いています。

クーラーをかけっ放しで寝てしまい、風邪などひいていませんか。

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

昨日は目白の現場のグランドオープンの日でした。

料理サロンを主宰し、さまざまな料理本の執筆活動でも活躍されている、料理研究家の三宅郁美先生が出された「ケークサレとキッシュのお店」です。

「ケークサレ」とはデザートとしてのケーキではなく、塩味の、いわば惣菜としてのケーキで、フランスではごくふつうなのだそうです。

Dvc000031 ごく自然な感じが安心します

Imgp0032 Imgp0016 Imgp0031 Imgp0024

テポカルでは厨房換気設備、売り場も含めた空調設備を一式施工させて頂きました。

そして、自然を味方につけることを得意とするこの方と巡り合えなければ、このプロジェクトに参加することはできませんでした。

実際に工事を進めるなかで、問題点を的確に必要最小限に判断し、総合的に舵を取ってくださったからこそ、無事にオープンの日を迎えることができました。

お店はJR目白駅から徒歩1、2分のところです。

瀟洒なお店の佇まいもさることながら、辺りはケーキやキッシュを焼く美味しい香りで包まれているので、すぐそのお店と分かると思います。

Dvc000021

quiche quiche (キシュキシュ)     豊島区目白3-14-18    tel.03-6908-1544

2010年6月23日 (水)

埼玉県入間市の現場

今朝は湿度も高く、しとしとと梅雨らしい雨が降っています。

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

昨日は入間市の現場へ打合せに行ってきました。

昼過ぎの最寄駅前、ロータリーに設置された温度計は、なんと34℃を表示していました。

Dvc00002

この辺りは皆さんご存じの「狭山茶」の生産地でもあります。

狭山茶は、静岡茶、京都の宇治茶とならんで、日本三大茶としてその名を全国的に知られています。

今回の現場は、以前から公私にわたってお世話になっているOさんから声を掛けていただいたものです。

まだ契約には至っていませんが、個人的にはぜひともかかわりを持ちたい現場です。

その際はまた、このブログでご紹介したいと思います。

2010年6月 6日 (日)

御徒町の現場

このところとても良い天気が続いています。

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

昨日まで、御徒町の現場で屋上作業をしていました。

Dvc00008 Dvc00009

ダクトの断熱は通常グラスウールで行われることが多いのですが、これはその名の通り綿状をしていて、空気層を作ることで断熱します。

ですから、水に濡れるとその性能が維持できなくなるため、屋上などの屋外では、断熱した表層を更に金属板で覆います。

こうすることによって断熱材を雨から守ったり、直射日光を遮って劣化を防いだり、カラスなどの鳥についばまれるのを防いだりできます。

金属板にはいくつかの種類があります。

ステンレスは防錆や耐久性では最も優れ、見た目も美しいですが高価です。

カラー鉄板と呼ばれる色のついた鉄板は安価で加工もしやすく、数多くの種類の色が出まわっています。

近頃ではその中間的特色をもった素材も使われていて、代表的なものではガルバリューム鋼板がよく知られています。

2010年6月 1日 (火)

目白の現場

今日から6月が始まります。今朝は透き通る青い空と、こころが引き締まるような凛とした空気を感じて一日をスタートすることができそうです。

いつもテポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり

まことにありがとうございます!

昨日は目白の現場の乗り込みでした。

今回のプロジェクトは、設計者であるT先生とのご縁からスタートしました。

Dvc00001

既存建物の1階の一部分を改修して店舗になります。

この日は既存の不要配管等の撤去、建築業者さんとの工程打ち合わせがメインでした。

そして設計プランを基に施工段階へと移っていくにあたり、詳細な現場調査をおこない理想であるプランの可能性等を確認します。

既存の改修現場では、思いもよらない要素があちらこちらに隠れていることも多く、早い段階で見つけておかないと、後々そのことが悪い影響を及ぼして、予定以上のコストがかかったり、プランを変更せざるをえなくなってしまう場合もあるので、入念な現場調査や実測はとても重要な作業工程になります。

休憩時間にお施主様が手作りのデザートを差し入れしてくださいました。

今まで食べたことの無いフルーツ(?)の甘みと、清々しい見映えは、たぶん暑い今年の夏も乗り切れそうな美味しさでした。

わたしたちテポカルもおいしい空気をご提供できるよう、このプロジェクトに全力で携わっていきたいと思います。

より以前の記事一覧