設備機器

2011年4月24日 (日)

福島第一原発「空冷式熱交換器」

昨日までの雨とうって変わって、今朝はどこまでも澄んだ青空の気持ちのいい朝です。

毎度テポカル(TEPOCHAL)をご愛顧くださり誠にありがとうございます。

先日あるメーカーさんと食事をしていた時の話ですが、「福島第一原発に○○○を納入することになった」そうです。

この件は今朝のニュースでもやっていましたが、今後の原発事故の行方を握る重要なカギとなりそうです。

その設備は、大規模のビルや大型の建物にはほとんどといってよいほど設置されるものです。

特命での発注だったそうで、一連の震災の影響もあってメーカーに不足の部品もあるそうですが、海外からの調達もして最短納期で対応中だそうです。

現場での組み立ては、現在第一原発で就業しているメーカーの方々が行うことのようです。

一刻も早く納入していただき、地元の方々、東日本だけでなく日本全国を安心させていただけることを願っています。

テポカルには直接は関係のない話ですが、私たちの設備業界、ましてやよく知ったメーカーさんがが活躍してくれるであろう場面を想うと、とても嬉しく誇りにすら思います。